*

iPhone 6とiOS 8であなたの指紋が鍵になる時代到来

Touch ID

The New York Timesに掲載されていた記事からです。

以前、某決済代行会社のセキュリティ担当の人が「IDとパスワードで本人確認ができるとは全く思っていない」と言っていました。その意味は今更言うまでもなく、ユーザーはどこのサイトでもほとんど同じIDとパスワードを使用しており、1回盗まれると、芋づる式にやられてしまうという現実があります。しかもIDとパスワードがさまざまな不正手段で入手され、裏社会で売り買いされているという話も聞きます。



そういう意味ではすでにIDとパスワードだけでAmazonや楽天、AppleのiTunes Storeなどに預けてある、我々の個人情報を守るなどということはすでに破綻しています。そこで今、盛んに取られている対策が、IDとパスワード以外の本人確認手段である携帯電話のSMS認証などです。銀行のインターネットバンキングではワンタイムパスワードを導入し始めています。この様にID、パスワード以外にもうひとつ本人確認手段を付け加えることを「二要素認証」とか言うらしいです。しかし、セキュリティを高めようとすればするほど、手間が増えて、使い勝手が悪くなるというのが常になっています。



そのような状況を打破するためにAppleがiPhone 5sで導入したのが指紋認証「Touch ID」です。しかし、指紋認証をスマートフォンに導入したのはもちろんAppleが初めてではありません。以前から指紋認証機能のある携帯電話やスマートフォンは存在していました。私が以前持っていた富士通のArrowsにもその機能はありました。しかし、とにかく使い勝手が悪かったです。なかなか正しく読み込んでくれないので、しまいにはイライラして使うのをやめてしまいました。



AppleのTouch IDがすばらしいのは、指を軽く置いただけで認証できること、特にどの方向から指をおいても認証できるということが何よりも使い勝手を良くしています。以前使っていたArrowsではセンサーの縦方向に上から下へすべらせないと認識しませんでしたから、雲泥の差です。



そして、今回iOS 8でようやくこのTouch IDが3rdパーティー製のアプリにも開放されましたね。今まではiPhoneのパスコードの代わりだったり、App Storeでのアプリの購入などでしか使えなかったので、はるかに利便性が期待できる機能追加です。



早速パスワード管理アプリで有名な「1Password」がTouch IDに対応してくれました。これは非常に大きなことです。これからはSafariから直接1Passwordにアクセスしてログインやクレジットカード番号の入力などが可能になるわけですから、かなり利便性が高まります。



また、iPhone 6がNFCに対応し、Touch IDで買い物ができる様になりました。これも大きなことです。お店でクレジットカードを使うときは、必ずカードを使おうとしている人が、本人かどうかを確認する必要があります。今までどうやっていたかと言えば、磁気ストライプのカードの場合は「サイン」です。



なぜこれが本人確認になるのでしょうか。カード会社からカードが届いたら、「まずカードの裏面にサインを書き込んでください」とありますね。お店でカードを使うとき、お店の人はカードの裏面のサインと伝票に書かれたサインが同じ筆跡かを確認する必要があります。でもそうやって確認する店員さんをほとんど見ませんよね。実はそれだとサインの意味がないのです。



ICチップ付きのカードの場合は、暗証番号の入力が求められます。しかし、日本人はクレジットカードの暗証番号を覚えていない人が多く、暗証番号入力をスキップして「サイン」でも良しとしています。この様な状況では、カード利用時の本人確認はおぼつかないというわけです。



Apple Payで導入されたTouch IDによる本人認証がいかにすばらしいかをお伝えしましょう。まず暗証番号の様に「覚えていない」ということはありません。何しろ自分の体の一部で本人認証するためです。また人に盗まれることがありません。指紋はご存知の通り一人ひとり異なっているので、目の前にいる人がTouch IDで認証されれば、店員さんはその人が間違いなく本人だということを確認できます。



そして何よりも「簡単だ」ということです。「セキュリティを強化しようとすると、手間が多くなるのが常だ」と上でも書きました。しかし、このTouch IDは本人確認として非常に優れているだけでなく、手間がかからない、利便性が高いということは素晴らしいことです。今後この方式がスタンダートになっていく可能性を十分秘めていると言わざるを得ません。



もちろん指紋認証がセキュリティ上完璧だというつもりはありません。もちろん抜けや脆弱性もあるでしょう。しかし、今のところ最も優れていて、使い勝っての良い本人確認方法はTouch IDであることに疑いはありません。まさにあなたの指紋がパスワードや鍵の代わりになる時代の幕開けなのです。



(本文おわり)

お風呂でも、アウトドアでも使える防水スキンなのですが、なぜかTouch IDも使えるというのがとても不思議です。

人気の投稿とページ

Google Adsens

カテゴリー

2014/09/26 | iOS, iPhone

人気の投稿とページ

Google Adsens

カテゴリー

関連記事

iOS 11新しいFiles appの主要機能10選

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 iOS...

記事を読む

今年のWWDCで一番驚いたこと

the Mac Observerに掲載されていた記事からです。...

記事を読む

iPhone、iPadのアプリから印刷の代わりにPDF出力する方法

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 最近は...

記事を読む

iOS 10各国のリリーススケジュール

こんにちはapprofanです。iPhone Hacksに掲載さ...

記事を読む

iOS 10でApple標準アプリを削除すると、こんな影響が出ます

こんにちはapprofanです。BGRに掲載されていた記事からご...

記事を読む

新着記事

クパチーノのApple Parkに行ってきたよ!

こんにちはapprofanです。 出張で米国シリコンバレーに来てい...

記事を読む

Watch OS 4トイ・ストーリーフェイスのアニメはただ者ではない

iDownloadblogに掲載されていた記事からです。 WW...

記事を読む

iOS 11新しいFiles appの主要機能10選

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 iOS...

記事を読む

新しいiPad ProモデルのパフォーマンスがMac Book Proより高い件

the Mac Observerに掲載されていた記事からです。 ...

記事を読む

あなたのiPhone 7、iPhone 7Plusをスピードアップする6つのTips

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 デジタル...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

クパチーノのApple Parkに行ってきたよ!

こんにちはapprofanです。 出張で米国シリコンバレーに来てい...

Watch OS 4トイ・ストーリーフェイスのアニメはただ者ではない

iDownloadblogに掲載されていた記事からです。 WW...

iOS 11新しいFiles appの主要機能10選

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 iOS...

新しいiPad ProモデルのパフォーマンスがMac Book Proより高い件

the Mac Observerに掲載されていた記事からです。 ...

あなたのiPhone 7、iPhone 7Plusをスピードアップする6つのTips

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 デジタル...

→もっと見る

PAGE TOP ↑