*

あなたのiPhone 7、iPhone 7Plusをスピードアップする6つのTips

iPhone 7

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。

デジタル機器はどれも、使っているうちにだんだんと遅くなってきます。色々な原因があるとは思いますが、例えばバックグラウンドで動くアプリがメモリを占有しているだとか、いらないファイルがストレージを逼迫させているなどが主な原因でしょう。



iPhoneもデジタル機器である以上、同じことがおこるわけで、買った時より遅くなったと感じている方がいらっしゃるかと思います。



その対処方法がiPhone Hacksにまとめられていたので、こちらでご紹介したいと思います。タイトルはiPhone 7/iPhone 7 Plusとなっていますが、それ以前の機種でも応用できると思いますので参考になさって下さい。



1. アニメーション動作を軽減する


iPhoneのユーザーインターフェイスはアニメーションが多様されています。そのアニメーションのおかげで、動作が遅く感じるということもあります。



アニメーションをわざわざ入れなくても構わない方は、アニメーションの動作を軽減することで、サクサク動くように見えるようになります。



設定アプリを開いて、「一般」>「アクセシビリティ」とたどっていきます。



視差効果



上の画像にあるように、「視差効果を減らす」をタップします。



視差効果



開いた画面で「視差効果を減らす」がオフになっていたら、オンにしましょう。そうすると上の画像のようになります。これでアニメーションを軽減させることができます。



2. ソフトウェアを最新状態にする


iPhoneユーザーはおそらく、多くの方々はIOSを最新状態にアップデートされていると思います。もしかしたら、アップデートをためらっておられる方の中には、処理が遅くなることをおそれている方がいるかもしれませんね。



しかし、アップデートをすることによって、処理が速くなることが多いといいます。それは最新のiPhoneだけでなく、1〜2年前のモデルでも同じ効果が見込めるそうです。



セキュリティのためのアップデートも含まれていることが多いので、iOSはいつも最新状態にしておくことをお勧めしたいと思います。



3.iPhoneのソフトリセット


iPhoneの処理がが遅くなったと感じたら、ソフトリセットを試すことも有効だということです。ソフトリセットの方法はホームボタンとスリープボタン(電源ボタンのこと)を同時に長押しするとできました。



ところが実は、iPhone 7/ 7 Plusでは上記の方法でリセットできなくなってしまいました。実は最新の両機種の場合はスリープボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しするとソフトリセットされます。私も今まで知りませんでした!



ちなみに、ソフトリセットを行なっても、設定がリセットされたり、データが消えたりするわけではなく、パソコンの再起動の様なイメージですからご安心ください。



4.バックグラウンドプロセスをチェック


バックグラウンドで動いているアプリがたくさんあると、メモリが逼迫し、処理速度が落ちます。特に重いアプリはバックグラウンドで動かさない様にしたいものです。



幸いiPhoneはバックグラウンドアプリの管理ができる様になっています。まず設定アプリを立ち上げ、「一般」>「Appのバックグラウンド更新」を開くと以下の様なアプリの一覧が表示されます。



バックグラウンド



アプリの一覧の中で特にバックグラウンドで動いていると重いので有名なのはFacebookアプリです。そうした重いアプリや裏で動いていなくもて良さそうなアプリは、アプリごとにスイッチをオフにしておけば、バックグラウンドで動くことはありません。



5.アプリのキャッシュをクリアする


各アプリは処理のためにキャッシュというメモリエリアを確保します。このキャッシュが増えてくると、メモリを逼迫させ、iPhoneの動作は遅くなります。



ところがiPhoneにはアプリごとにのキャッシュを管理することができません。 ただ、一部のアプリ(Dropbox、Chrome、Safariなど)はアプリの設定画面からキャッシュをクリアすることができます。



Safariであれば設定アプリを開き、「Safari」を開くと、設定一覧が表示されます。その中で「履歴とWebサイトデータを削除」を選択することで、キャッシュを削除することができます。



6.iPhoneのリセット


最後にご紹介するのは、iPhoneのリセットです。これは最終手段であって、上記で試しても速くならない場合のみ行なっていただきたいと思います。



一旦すべてのデータや設定もクリアされてしまうからです。なので、実施する場合はパソコンのiTuensかiCloudにバックアップをとってから行いましょう。リセット後バックアプリをリストアすれば、元に戻ります。



iPhoneのリセット方法は設定アプリを開き、「一般」>「リセット」とたどっていくと、リセットの方法が書かれている一覧が表示されます。そこで「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。



以上ですが、もしiPhoneの動きが遅くなったという方はこれらの方法をお試しください。



(本文おわり)

人気の投稿とページ

Google Adsens

カテゴリー

2017/06/16 | iPhone

人気の投稿とページ

Google Adsens

カテゴリー

関連記事

iOS 11が動作しているiPhone 8のリーク写真

こんにちはapprofanです。iPhone informerに掲...

記事を読む

初代iPhoneを彷彿させるデザインが美しいiPhone 8コンセプト画像

こんにちはapprofanです。cnetに掲載されていた記事からご...

記事を読む

AppleはSamsungからiPhone向けOLEDを2年間で 9200万個購入するらしい

こんにちはapprofanです。MacRumorsに掲載されてい...

記事を読む

iPhone 8の価格はやはり1000ドル以下、販売は10月か11月になる?

こんにちはapprofanです。iLoumgeに掲載されていた記...

記事を読む

新着記事

クパチーノのApple Parkに行ってきたよ!

こんにちはapprofanです。 出張で米国シリコンバレーに来てい...

記事を読む

Watch OS 4トイ・ストーリーフェイスのアニメはただ者ではない

iDownloadblogに掲載されていた記事からです。 WW...

記事を読む

iOS 11新しいFiles appの主要機能10選

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 iOS...

記事を読む

新しいiPad ProモデルのパフォーマンスがMac Book Proより高い件

the Mac Observerに掲載されていた記事からです。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

クパチーノのApple Parkに行ってきたよ!

こんにちはapprofanです。 出張で米国シリコンバレーに来てい...

Watch OS 4トイ・ストーリーフェイスのアニメはただ者ではない

iDownloadblogに掲載されていた記事からです。 WW...

iOS 11新しいFiles appの主要機能10選

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 iOS...

新しいiPad ProモデルのパフォーマンスがMac Book Proより高い件

the Mac Observerに掲載されていた記事からです。 ...

あなたのiPhone 7、iPhone 7Plusをスピードアップする6つのTips

iPhone Hacksに掲載されていた記事からです。 デジタル...

→もっと見る

PAGE TOP ↑